オンラインカジノのRTPと他のカジノのRTPの比較

皆さんはオンラインカジノをプレイする際に何のゲームをプレイしていますか?ブラックジャックやポーカーのような戦略の必要なカードゲーム、スロットマシン、ルーレットやバカラなどのテーブルゲームなどオンラインカジノには様々なカジノゲームが存在します。

そんなカジノプレイヤーの皆さんには競馬や宝くじ、パチンコなどの他のカジノゲームを一緒にプレイしている方も多いのでしょうか。今回はインターネットカジノの魅力をRTP(ペイアウト率)の観点から紹介していきたいと思います。

RTPとはベットを使ってプレイした際にベットの額を基準として帰ってくるリターンの期待値です。RTPは%で表され、基本的に100%を超えることはありません。(カジノ側もお金をもらった以上にプレイヤーに支払っていたら商売が成り立ちません)。基本的にオンラインカジノのRTPは約95%以上に設定されているものが多く、優良なカジノゲームには99%のペイアウト率を持つものも存在します。RTP(ペイアウト率)をカジノ側の立場に立ってみた数字(100-RTP%)がハウスエッジと呼ばれており、カジノ(ハウス)側の取り分を意味します。

気になるパチンコ屋、競馬、競艇、宝くじのRTPですが、どれも軒並みインターネットカジノよりも低くなっています。パチンコは約80%超、競馬は約80%、宝くじはなんと50%が標準的な値となっており、数学的にはオンラインカジノの期待値が最も高いことは明らかです。もちろんオンラインカジノ以外のゲームにはそれぞれの魅力があり、その魅力にお金を使う価値があるという意見もあるかもしれませんが、プレイするテーマにあまりこだわりがなくお金を使ってカジノゲームをプレイしたいだけのプレイヤーにはオンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノのデメリットにはプレイするために本人確認の書類が必要だったり、出金や入金の手間がかかったり、出金までの時間が比較的掛かる点が挙げられます。以上を考慮したうえでオンラインカジノを試したい方はぜひカジノサイトなどからインターネットカジノを体験してみてください。